生きている今を大切に!

2018年03月17日(土)

こんばんは!

 

しあわせ案内人 おいかわのりこ です(^^)/

3月10日、12日の2日間、311チャリティーコンサートに行ってきました。

私は岩手県出身、地元で復興のために頑張っている友人もたくさんいます。

東京にいてもできることはあります。

 

というわけで、チャリティーコンサート行ってきました。

通常土日はお見合いで忙しいのですが、何とか10日も行くことができました。

10日のコンサートは、休憩なしの22時までの長丁場。

お尻はちょっぴり痛くなりましたが、出演者の方々の熱い想いが伝わるとても素晴らしいコンサートでした。

私は音楽大好きなので、ポップス、演歌、クラシックとほんとに幅広い音楽に触れられ大満足。

知り合いが六本木男声合唱団にいるので、打ち上げにも参加し、小林幸子さんや三枝成彰さんらとご一緒させていただけるというプラスαもありました。三枝さんには声もかけていただきました。ありがとうございました。

10日のコンサートの義援金は、震災で孤児になった子どもたちの教育資金になります。

子どもたちが夢を持って生きられる、なりたい職業に就ける、とても素晴らしい活動です。

ひとりの力は小さいかもしれない。でも、みんな集まると大きな力になる。

義援金は2千万円を超えました。

出演者も義援金を払って出演しているとのこと、頭が下がる想いでした。

 

12日は、前田憲男さんの演奏による歌手の皆さんのコンサートでした。

大橋純子さん、渡辺真知子さん、サーカスさんの歌を聞き、昭和時代を懐かしく思うとともに、さらにパワーアップした歌声に涙が溢れました。

音楽の力ってすごい!

最後に山口百恵さんの息子さんである三浦祐太朗さんと出演者や会場の皆さん全員で歌った「いい日旅立ち」。

本当にいい歌です。何十年も歌い継がれる歌、想い。

月日が経っても忘れてはいけないこと、風化させてはいけないことがあります。

 

人は、自分のために生き、幸せになろうとし、幸せになった人は、誰かのために自分ができることはないだろうかと考えます。

私が他人のためにできることは何かないだろうかと考え始めるきっかけになった震災。

たくさんの人の命が失われた震災。

しかし、多くの人の心に何かを残すことになりました。

その何かは人によって異なるかもしれないけれど、今をいかに生きるか、今を自分らしく生きるためにはどうしたらいいか、それを考えることが人生にとって一番大切なことなのかもしれないと思います。

 

幸せになるために必死に頑張る方のサポートをしたいと思っています。

必死に頑張れる方は必ず幸せをつかみ取ることができると信じているから。

 

「幸せになりたい」その想いさえあれば、誰でも幸せになれるはずです。

あなたの幸せを共に探しましょう。

共に頑張りましょう、幸せになるその日まで。

 

 

 

  |