来年こそ結婚したい!

2017年12月31日(日)

2017年もあとわずか。

1年は終わってみればあっという間のように感じますが、1年前とは大きく変化することもあります。

1年前の今日、自分が何を想っていたか、来年はどんな年にしたいと思っていたか思い出せますか?

この1年に変化がなかったのなら、変えてみたいと思いませんか?

 

半年の間に出会い、半年後には結婚を決意し、1年後には隣にパートナーがいる。そんな未来を想像できますか?

そんなの無理無理、今までだってそうならなかったんだから…。

 

何も行動をしなければ、何も起こりません。

変えたければ、行動を起こすしかありません。

何も変わらないのは、本当は変えたいと思っていないから。

 

「おいかわさん、婚活を始めていろいろなことが分かりました。特に自分のことが…、だからやってよかったと思います」

そんなことを話された会員さんがいました。

その会員さんは、とても積極的に活動されていて、見本のような方でした。

最初に「お申し込みしてくださいね」と話しても、すぐにお申し込みされない方もいるのですが、その方はお申し込みも積極的にして、どんどんお見合いもしていました。

でも、婚活を始めて、相手を選んでしまう自分や誰でもいいから結婚したいと思っていない自分に気が付きます。もちろん誰でもいいなんて言う人はいないのですから、それは当たり前です。

しかし、年齢が上がり、選べる立場ではないことも分かっていて、選んでる場合ではないことも分かっているのに、それでも譲れない自分に気が付き、そこまで結婚したいかどうかも分からなくなったと話していました。

 

婚活を始めるといろいろなことが見えてきます。

自分のことも、自分がどうしたかったかも。

 

そんな自分を分かり、そんな自分を受け入れてくれる人はどんな人なんだろうと考えます。

そんな視点で自分に合う相手がどんな人か考えていくと、自ずと自分にはこんな人が合うのではないか…と分かってきます。

条件にこだわっているうちは、いつまでも相手の本質や自分の本質が見えてきません。

 

自分に足りないところ、自分が得意なこと、自分が求めているもの…自分のことが分かってくると、相手に求めるだけではなく、相手のことも受け入れられるようになり、自分のことも受け入れてもらえるようになるのではないかと感じます。

 

自己否定をする必要はなく、自分を相手にすべて合わせる必要もなく、自分に合う相手を探せば良いのです。

自分に合わせてくれる相手ということではありません。

お互いに合う相手、一緒にいても自分らしくいられる相手、そんなお相手を私と一緒に探してみましょう。

 

行動を起こさなければ、何も見えてきません。

来年こそは行動を起こしてみませんか。幸せな結婚生活への第一歩をともに歩みだしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  |